香りがもたらす心身への効果
私達は昔から薬草で傷を治したり、森林浴でリフレッシュしたりと植物の力を活用してきました。
植物の持つ自然で豊な香りには心身を癒す効果があります。
アロマテラピーで日常のストレスを解放し、心身を健やかに保ちましょう。

アロマテラピーとは

アロマテラピー・イメージアロマテラピーとは植物の力を利用した自然療法の一種です。
植物の香りで心が落ち着き癒されたり、体がリフレッシュした経験はないでしょうか?それらは全て植物の香りが心や体に作用して起こる事です。

“アロマテラピー”とはアロマ(芳香)と、テラピー(療法)を組み合わせた造語で、体に起こるトラブルを心も含めた全身的なものとし、本来の人間が持っている自然治癒力を最大限に高め心身共に健康にしていくという考えで、20世紀フランスで発祥しました。一般的には芳香植物から抽出したエッセンシャルオイルを使用し行うものと定義されています。

アロマテラピーには心身のトラブル予防という側面もあり、薬とは違い体に穏やかに作用する為、フランスやイギリスでは代替医療の一つとして利用されています。
私達は遥か昔から植物が生み出す酸素で呼吸し、四季折々の植物の恵みを食し、その香りと力を利用してきました。 植物の持つ様々な薬理効果を利用し健やかな心身を保ちましょう。

精油の種類と効能

アロマテラピー・イメージ

エッセンシャルオイルとも呼ばれる精油は、ハーブの花や葉、枝、根、果実、果皮、種子、樹皮、樹脂等から抽出されるエッセンスです。
このエッセンスは、脂腺を持つ芳香植物の細胞組織内の小さな袋に蓄積するもので、脂腺も多い植物は抽出量も多く、脂腺の少ない物は希少となります。

例えばローズの精油1滴を抽出するのに、約50本分ものバラの花びらが必要とされ高価になるのです。
精油は数十から数百種の複雑な組織成分を持っていて、それらは全て100%天然の化学物質によって成り立っています。香りだけでなくそれぞれの精油のもつ組織成分が心身に作用をもたらしてくれます。

精油は種類が豊富にあり、同じ様な特性をもつ物も多いので、最初はどれを選んだら良いか迷ってしまうと思います。 精油を選ぶ際に大事な事は自分の直感を大切にする事です。
同じ香りでも人によって感じ方は異なってきます。良い香り、心地よい香りと感じる事がアロマテラピー効果の第一歩と考えます。

また、香りを嗅いだ際に感じる事は気分や体調によっても変わりますので、その時のコンディションや感じた事をメモしておくと後々の参考になると思います。
また、目的に合わせて精油を選ぶ場合は、ストレス、頭痛、冷え、など症状から選びましょう。 もちろん症状から香りを選択する場合も自分の好きな香りであるという事が第一条件になります。

» エキゾチック系 » スパイス系 » ハーブ系 » フローラル系 » 柑橘系 » 樹木系 » 樹脂系

症状別利用法

アロマテラピー・イメージ精神面での効果

毎日の生活の中で蓄積されるストレスは心だけではなく、時には身体的なトラブルをもたらす事があります。
アロマオイルの香りは、直接脳や神経に働いて神経系を鎮静させたり、高揚させたりする作用があります。
日常的にアロマオイルを使用する事によって日々の精神的なストレスを取り除き心を健やかに保つ事が出来るでしょう

身体面での効果

体への第一の作用は、全体のコンディションを整える事です。
人間の体は、体温、呼吸、ホルモン、酸素、血圧等のバランスが非常に重要です。 これらを一定にする働きは、ホメオスタシスと言われています。
アロマオイルにはホメオスタシスの働きを助ける効果があり、これによって体は免疫力を高める事が出来ます。
他にもアロマオイルには種類によって鎮静作用や強壮作用等々さまざまな薬理効果があり、 それらを上手に利用して体のトラブルを緩和したり生体リズムを整えたりし、健やかな体へと導いて行く事が出来ます

» 心のトラブル » 身体のトラブル » 肌、髪のトラブル » 女性特有のトラブル

PAGETOP
Copyright © アロマテラピー・効果と効能 All Rights Reserved.