香りがもたらす心身への効果

アニスシード (Anis seed)

  • HOME »
  • アニスシード (Anis seed)

消化器系のトラブルに効く
中東原産のアニスは古くから知られたハーブで、古代エジプトではミイラの防腐剤に使用されていました。
歯磨き粉やマウスウォッシュの成分としても知られています。消化不良や腸内に貯まったガスの排出等、消化器系のトラブルに効果を発揮します。
非常に強い精油なので少量を低濃度で用いるようにしましょう。

香りの特徴
スパイシーで暖かみのある甘い香り

心への働き
リフレッシュ、気分を高揚させる

体への働き
風邪、消化不良、疝痛、腸の張り、腸内ガスの排泄、便秘、吐き気
ぜんそく、頭痛、二日酔い、月経痛、分娩の促進、更年期障害、口臭

肌への働き
皮膚の感染症

学名:pimpineella anisum
科名:セリ科
抽出部分:種子
抽出方法:水蒸気蒸留法
主な産地:トルコ、スペイン、エジプト、モロッコ
主成分:アネトール、アニスアルデヒド、ヒマカレン、リナロール
ノート:トップ〜ミドル
使用上の注意:乳幼児、妊娠中の使用を避ける




人気記事TOP10

PAGETOP
Copyright © アロマテラピー・効果と効能 All Rights Reserved.