香りがもたらす心身への効果

べースオイルの役割

  • HOME »
  • べースオイルの役割

マッサージや手作りコスメ等、アロマテラピーを実践する上で欠かせないのが、ベースオイルです。

ベースオイルとは植物から抽出した100%天然のオイルです。それぞれ特性がありますので肌質や、症状に合っ一本を見つけて下さい。

ベースオイルの役割
精油は刺激が強く直接肌に付けられないので、必ずベースオイルで希釈して使用します。
さらにベースオイルには精油の成分を体内まで運ぶ働きと、ベースオイル自体が持つ薬理効果もあります。

ベースオイルのブレンド
ベースオイルには軽い使用感で単体で使用出来る物と、粘り気が強く他のオイルとブレンドした方が良いタイプとがあります。

購入と保存方法
ベースオイルは精油と同じく、信頼出来るアロマテラピー専門店で購入するのが良いでしょう。
酸化の早いものもあるので、冷暗所で保存し、それぞれの使用期限を守って使い切るようにしましょう。

単体で使用出来るもの
・スイートアーモンドオイル
・ホホバオイル
・セサミオイル
・ココナッツオイル

他のベースオイルとのブレンドをオススメ
・オリーブオイル
・マカデミアナッツオイル
・グレープシードオイル
・ウィートジャームオイル
・イブニングプリムローズオイル
・セントジョーズワートオイル
・ローズヒップオイル




人気記事TOP10

PAGETOP
Copyright © アロマテラピー・効果と効能 All Rights Reserved.