香りがもたらす心身への効果

ベンゾイン(安息香)(Benzoin)

  • HOME »
  • ベンゾイン(安息香)(Benzoin)

心に安らぎを与える甘い香り
べンゾインは古くから霊的な力があると信じられ、さまざまな文明の宗教儀式で薫香として使用されてきました。スマトラ、ジャワが原産地で、樹皮に傷をつけてにじみ出た樹脂を溶剤抽出法で抽出します。
鎮静効果に優れ、ストレスや呼吸器系の不調に効果を発揮します。

香りの特徴
バニラに似た甘い香り

心への働き
緊張の緩和、うつ、ストレス

体への働き
呼吸器系の感染症全般、気管支炎、せき、喉頭炎、咽頭炎、口内炎、扁桃炎
花粉症、尿の出をよくする、膀胱炎

肌への働き
皮膚炎、かゆみ、体臭、しもやけ、あかぎれ、ニキビ、乾燥肌

学名:styrax benzoin
科名:エゴノキ科
抽出部分:樹脂
抽出方法:溶剤抽出法
主な産地:インドネシア、マレーシア
主成分:桂皮酸、安息香酸、バニリン
ノート:ベース
使用上の注意:妊娠中の使用を避ける。




人気記事TOP10

PAGETOP
Copyright © アロマテラピー・効果と効能 All Rights Reserved.