香りがもたらす心身への効果

カユプテ (Cajuput)

  • HOME »
  • カユプテ (Cajuput)

感染症をケアするフレッシュな香り
マレー語で「白い木」という意味のカユプテは、その名の通り、白っぽい樹皮を持つティートリーに似た常緑樹で、ホワイト・ティートリーとも呼ばれています。
東洋では昔から万能薬として用いられ、虫除けなどにも利用されました。優れた殺菌効果があり、呼吸器の浄化や感染症の予防に効果的です。

香りの特徴
ハーブ調の甘くフレッシュな香り

心への働き
リフレッシュ、気分を高揚させる

体への働き
呼吸器系の感染症全般、気管支炎、咽頭炎、喉頭炎、口内炎、扁桃炎、せき、呼吸器のカタル症状、
疝痛、胃痛、潰瘍、静脈瘤、痔、膀胱炎、頭痛、偏頭痛、筋肉痛、月経痛

肌への働き
肌細胞の再生を促す、発汗をよくする、ニキビ

学名:melaleuca leucadendron
科名:フトモモ科
抽出部分:葉
抽出方法:水蒸気蒸留法
主な産地:オーストラリア、インド、フィリピン、インドネシア
主成分:β-ピネン、1.8-シネオール、β-カリオフィレン
ノート:ミドル




人気記事TOP10

PAGETOP
Copyright © アロマテラピー・効果と効能 All Rights Reserved.