香りがもたらす心身への効果

精油の抽出方法について

  • HOME »
  • 精油の抽出方法について

精油の抽出方法は原料の特性や、精油の成分によって異なります。
現在良く使用される方法は、水蒸気蒸留法、圧搾法、溶剤抽出法の3つの方法になります。

なかでも水蒸気蒸留法は装置が安価な事もあり、現在最も多く採用されている抽出方法です。

水蒸気蒸留法
水蒸気で蒸すポピュラーな方法です。
ラベンダーやカモミール等、最も多く使用されている抽出方法です。
原料になる植物を蒸留釜に入れて蒸気を吹き込み、熱によって気化させます。
その蒸気を冷却して液化すると、上部が芳香成分を含んだ精油、下部が芳香蒸留水に分離され取り出されます。

圧搾法
果実の皮等を熱を使用せずに圧搾します。
オレンジ等、主に柑橘系の精油を抽出する際に使用する方法です。
果皮と果実を分けた後、ローラーや遠心分離機等を使って果皮を圧搾し精油を抽出します。
熱を使用せずに低温の状態で抽出する方法で、自然の香りをそのまま楽しむ事が出来ます。
ただし、熱に弱い成分も同時に抽出される為、品質の劣化が比較的早いので注意が必要です。

溶剤抽出法
フローラル系等デリケートな精油の抽出に使用されます。
ジャスミン等デリケートで上記2つの方法では抽出出来ない原材料から精油を抽出する際に用いる方法です。
石油エーテルや、ヘキサン等の揮発性の溶剤に植物を入れ、香気成分を溶け出させます。
溶剤が揮発して残った固まりをさらにアルコール溶剤で溶かし、精油を抽出します。
この方法で抽出された方法はアブソリュートと呼ばれています。




人気記事TOP10

PAGETOP
Copyright © アロマテラピー・効果と効能 All Rights Reserved.