香りがもたらす心身への効果

シナモン (Cinnamon)

  • HOME »
  • シナモン (Cinnamon)

疲れた心身に効くパワフル精油
シナモンは古くから世界中で親しまれているスパイスで、日本でもよく知られている、いわゆるニッキの香りです。古代、シナモンはインド、中国、エジプトの重要な交易品でした。
シナモンの精油は全体的に強壮作用を示します。特に呼吸器系への強壮作用に優れ、風邪などの感染症に非常に効果を発揮します。

香りの特徴
甘くピリッとスパイシーな香り

心への働き
神経衰弱、リフレッシュ

体への働き
呼吸器系の強壮、発熱、風邪、感染症、消化器系の感染症、下痢、消化不良、疝痛、胃痛、
胃液の分泌の促進、関節痛、リウマチ、少量月経

肌への働き
肌を引き締める、イボ

学名:cinnamomum zeylanicum
科名:クスノキ科
抽出部分:花蕾、樹皮、葉
抽出方法:水蒸気蒸留法
主な産地:スリランカ、マダガスカル、インド
主成分:リナロール、シンナミックアルデヒド、オイゲノール
ノート:ベース
使用上の注意:妊娠中、授乳中の使用を避ける。
花蕾や樹皮から抽出した精油は皮膚を刺激することがあるので、濃度に注意すること。




人気記事TOP10

PAGETOP
Copyright © アロマテラピー・効果と効能 All Rights Reserved.