香りがもたらす心身への効果

クローブ (Clove)

  • HOME »
  • クローブ (Clove)

感染症に効くスパイシーな香り
クローブはインドネシアを原産とする常緑樹で、精油は花のつぼみから抽出します。古代からさまざまな薬効で知られ、ギリシャ人、ローマ人、中国人など多くの国々で珍重されてきました。ペストなどの伝染病の予防や皮膚病、消化器系の疾患にも効果を発揮しました。練り歯磨きなどの香料や虫除けにも利用されています。

香りの特徴
クローブ特有のスパイシーで強い香り

心への働き
うつ、気分を高揚させる、記憶力の強化

体への働き
腸の張り、腸内ガスの排出、下痢、消化不良、胃・腎臓の強壮、呼吸器系の感染症全般、
歯痛、関節炎、リウマチ、性欲を高める、インポテンツ、冷感症

肌への働き
皮膚の感染症、ただれ、ニキビ

学名:eugenia caryophyllata
科名:フトモモ科
抽出部分:花蕾
抽出方法:水蒸気蒸留法
主な産地:マダガスカル、インド、スリランカ、インドネシア、ブラジル
主成分:オイゲノール、β-カリオフィレン、フルフロール
ノート:ベース
使用上の注意:非常に強力な精油なので、濃度に注意すること。妊娠中の使用を避ける。




人気記事TOP10

PAGETOP
Copyright © アロマテラピー・効果と効能 All Rights Reserved.