香りがもたらす心身への効果

ユーカリ (Eucalyptus)

  • HOME »
  • ユーカリ (Eucalyptus)

呼吸器系に効くシャープな香り
ユーカリはオーストラリア原産の樹高が90mにも及ぶ高木です。消炎作用や殺菌作用に優れ、先住民族のアボリジニは、傷にこの葉を包帯代わりに巻いて使っていました。また、マラリアやチフスなどの治療薬としても用いられてきました。風邪など呼吸器系の炎症に効果があります。

香りの特徴
爽やかで鋭い香り

心への働き
頭をすっきり明快にする、集中力を高める

体への働き
風邪、インフルエンザ、感染症時の室内清浄、せき、花粉症、気管支炎、感染症による発熱、免疫力を高める、
血液をきれいにする、下痢、筋肉痛、リウマチ、関節炎、ねんざ、膀胱炎、膣炎

肌への働き
水虫、ヘルペス、湿疹、切り傷、皮膚の炎症、虫除け

学名:eucalyptus globules
科名:フトモモ科
抽出部分:葉
抽出方法:水蒸気蒸留法
主な産地:オーストラリア、アメリカ、メキシコ
主成分:1.8-シオネール、α-ピネン、カンフェン、
ノート:トップ
使用上の注意:皮膚を刺激することがあるので濃度に注意すること。
       強力な精油なので使用量に注意すること。
       高血圧症てんかんを病む場合の使用を避ける。




人気記事TOP10

PAGETOP
Copyright © アロマテラピー・効果と効能 All Rights Reserved.