香りがもたらす心身への効果

月経痛のとき

  • HOME »
  • 月経痛のとき

女性特有の痛みには鎮痛作用のある香りを用いましょう
月経痛は女性特有の症状です。軽い下腹部の痛みから、吐き気、腰痛など人によってその症状や程度はさまざまです。まずは、規則正しい生活やバランスの採れた食生活など、生体リズムを整えることが大切となります。アロマテラピーでは、ホルモンのバランスを整えたり、生理痛を和らげたりしてくれる鎮痛作用のある精油を使ってのマッサージや温湿布が効果的です。

おすすめ精油
☆ハーブ系:アニスシード、アンジェリカ、カモミール、スイート・マージョラム、スペアミント、タイム、
      バジル、ペパーミント、メリッサ(レモンバーム)、ラベンダー、ヤロウ、ローズマリー
☆フローラル系:イランイラン、ジャスミン、ローズ
☆スパイス系:ジンジャー、ブラックペッパー
☆樹木系:サイプレス、シダーウッド、ジュニパー

実践方法
芳香浴、マッサージ、アロマバス、スチーム、湿布




人気記事TOP10

PAGETOP
Copyright © アロマテラピー・効果と効能 All Rights Reserved.