香りがもたらす心身への効果

ゼラニウム (Geranium)

  • HOME »
  • ゼラニウム (Geranium)

スキンケアに適したバラ様の香り
古くから優れた治癒力をもつ植物として、家の周りなどに植えられていたゼラニウム。
バラに似た芳香で、香水やせっけんなどによく用いられています。皮脂のバランスを整える作用があり、肌のお手入れに非常に適しています。ホルモンのはたらきを整える作用があるので、女性特有のトラブルにも。また、防虫効果にも優れています。

香りの特徴
バラに似た、甘くて重い香り

心への働き
不安、うつ、気分を高揚させる、ストレス

体への働き
下痢、大腸炎、尿の出をよくする、膀胱炎、体内の毒素の排出、むくみ、リウマチ、
関節炎、月経痛、PMS、更年期障害

肌への働き
肌を柔らかく滑らかにする、肌細胞の再生を促す、湿疹、やけど、水虫、
とびひ、虫除け、体臭

学名:pelargonium graveolens
科名:フウロソウ科
抽出部分:葉
抽出方法:水蒸気蒸留法
主な産地:フランス、スペイン、モロッコ、エジプト、イタリア
主成分:シトロネロール、ゲラニオール、リナロール
ノート:ミドル
使用上の注意:妊娠中の使用を避ける。




人気記事TOP10

PAGETOP
Copyright © アロマテラピー・効果と効能 All Rights Reserved.