香りがもたらす心身への効果

下痢のとき

  • HOME »
  • 下痢のとき

身体を温めてまめに水分をとりましょう
下痢の原因は、食あたり、細菌感染、ストレスなどさまざまなものが考えられます。胃腸が弱く、下痢をしやすい体質の人もいます。下痢をしたならば、まず、脱水症状を起こさないようにしっかり水分補給をしましょう。また、おなかを冷やさないようにすることも大切です。消化器系に効果のある香りを使って、身体を温めるようなアロマバスや温湿布がおすすめですので実践してみましょう。

おすすめ精油
☆ハーブ系:カモミール、キャロットシード、スイート・マージョラム、ゼラニウム、パルマローザ、ヤロウ
☆エキゾチック系:サンダルウッド、パチュリ
☆樹脂系:エレミ
☆スパイス系:クローブ、シナモン、ジンジャー
☆樹木系:ユーカリ

実践方法
芳香浴、マッサージ、アロマバス、湿布




人気記事TOP10

PAGETOP
Copyright © アロマテラピー・効果と効能 All Rights Reserved.