香りがもたらす心身への効果

ジャスミン (Jasmine)

  • HOME »
  • ジャスミン (Jasmine)

甘く魅力的な愛の香り
夜中にひっそりとデリケートな白い花を咲かせるジャスミン。この花から抽出される精油は非常に希少かつ高価で、特にフランス産のもが上質とされています。
愛の花として結婚式に用いられたり、催淫作用があることでも知られています。
香りが非常に強いので、量や濃度に注意して使うようにしましょう。

香りの特徴
優雅で甘美なフローラル調の香り

心への働き
うつ、産後うつ

体への働き
子宮の強壮、分娩の促進、母乳の分泌をよくする、生理を起こさせる、月経痛
更年期障害、性欲を高める、冷感症、インポテンツ

肌への働き
肌を柔らかく滑らかにする、乾燥肌、敏感肌

学名:jasminum grandiflorum
学名:モクセイ科
抽出部分:花
抽出方法:溶剤抽出法
主な産地:インド、モロッコ、フランス、エジプト
主成分:酢酸ベンジル、ジャスモン、リナロール、インドール
ノート:ベース
使用上の注意:妊娠中は分娩間近までは使用を避けること。




人気記事TOP10

PAGETOP
Copyright © アロマテラピー・効果と効能 All Rights Reserved.