香りがもたらす心身への効果

ジュニパー (Juniper)

  • HOME »
  • ジュニパー (Juniper)

心と身体を浄化するすがすがしい香り
旧約聖書に予言者エリヤがジュニパーの木の下で、疲れた身体を休めたと記されているように、疲れた精神をリフレッシュする力があります。また、昔から高い浄化・殺菌効果で知られ、コレラなどの伝染病や、咬傷の治療、フランスの病院では小枝を焚いて空気を浄化していました。お酒のジンの香りづけにも使用されています。

香りの特徴
爽やかで甘いウッディ系の香り

心への働き
神経衰弱

体への働き
尿の出をよくする、膀胱炎、体内の毒素の排出、むくみ、血液をきれいにする、二日酔い、筋肉の強化、生理を起こさせる、月経痛

肌への働き
皮膚を引き締める、発汗をよくする、皮膚炎、湿疹、脂性肌、脂性の髪

学名:juniperus communis
科名:ヒノキ科
抽出部分:葉と果実
抽出方法:水蒸気蒸留法
主な産地:フランス、イタリア、カナダ、ハンガリー
主成分:α-ピネン、ミルセン、カンフェン、サビネン、β-カリオフィレン
ノート:ミドル
使用上の注意:腎臓が弱い人は使用を避ける。
       妊娠中の使用を避ける。
       刺激が強いので使用量、濃度に注意すること。




人気記事TOP10

PAGETOP
Copyright © アロマテラピー・効果と効能 All Rights Reserved.