香りがもたらす心身への効果

神経痛・関節炎・リウマチのとき

  • HOME »
  • 神経痛・関節炎・リウマチのとき

鎮静・鎮痛作用の香りで痛みを軽減させましょう
雨の日や天候が不安定なときなどに痛みだす神経痛。身体の奥からじわじわと傷む神経系の痛みは、肩こりや筋肉痛とはまた違ったタイプの痛みです。慢性的である場合が多いので、神経に穏やかに作用し、継続的に痛みを和らげてくれる香りでケアしてみましょう。鎮静作用や鎮痛作用のある精油を使ったアロマバスやマッサージ、湿布がおすすめです。

おすすめ精油
【鎮痛作用で痛みを鎮める】
☆ハーブ系:シトロネラ
☆エキゾチック系:サンダルウッド
☆スパイス系:クローブ、シナモン、ジンジャー、コリアンダー、ブラックペッパー
☆樹木系:ジュニパー、ユーカリ
【鎮静作用で炎症を抑える】
☆ハーブ系:カモミール、クラリセージ、メリッサ(レモンバーム)、ラベンダー
☆フローラル系:ネロリ、ローズ
☆エキゾチック系:サンダルウッド
☆樹木系:シダーウッド

実践方法
芳香浴、マッサージ、アロマバス、湿布




人気記事TOP10

PAGETOP
Copyright © アロマテラピー・効果と効能 All Rights Reserved.