香りがもたらす心身への効果

アロマテラピー検定

  • HOME »
  • アロマテラピー検定

アロマテラピー検定とは、社団法人日本アロマ環境協会の実施する資格認定試験です。年2回、5月と11月に実施され、累計13万人以上が合格しています。
アロマテラピー検定には、2級と1級の試験があり、1級の方が難易度が高くなっています。

2級試験は、「アロマテラピーを自分自身で楽しんだり、健康維持のために用いる知識の習得」を目的とし、
1級試験は「家族や周囲の人に楽しんでもらったり、健康維持のために用いる知識の習得」を目的としています。検定1級の合格は、アロマテラピーアドバイザー、アロマテラピーインストラクター、アロマセラピストの受験の条件が与えられます。

アロマテラピー検定の申込み方法については、社団法人日本アロマ環境協会のサイトから郵送で願書の送付を依頼することが出来ます。
振込用紙がセットになっており料金の支払いと同時に申込みが完了します。
受験料は1級6,300円、2級6,300円、併願12,600円です。

受験会場はお住まいの地区の(各地域を選択できます)学校や専門学校の講義室、ホテル等の会議室、セミナー会場など、大人数を収容できる場所が利用されます。

試験は、午前中に2級、午後に1級の検定が行なわれます。 アロマテラピー検定の問題はすべて四択のマークシート方式で、30〜50問程度が出題されます。
試験の冒頭で、ビンに入った精油の香りを当てる「香りテスト」が2〜3問出題されます。
こちらも答えは選択式となります。




人気記事TOP10

PAGETOP
Copyright © アロマテラピー・効果と効能 All Rights Reserved.