香りがもたらす心身への効果

ローレル (Laurel)

  • HOME »
  • ローレル (Laurel)

消化器系に作用するスパイシーな香り
古代ギリシャの時代から、オリンピックの勝利者にはローレルで作った冠が贈られてきました。古代ローマ人は浴槽にこの葉を入れて沐浴を楽しんだといわれています。また、ローレルと言えばスープなどの料理にも使われますが、これは唾液の分泌を促し、消化を助ける効果があるためです。

香りの特徴
ややシナモンに似た甘くスパイシーな香り

心への働き
不安、パニック

体への働き
風邪、気管支炎、喉頭炎、咽頭炎、口内炎、扁桃炎、リウマチ、関節痛、食欲不振、
肝臓と腎臓の強壮、尿の出をよくする、少量月経、分娩の促進

肌への働き
ニキビ、頭皮と髪の強壮、フケ、内出血、水虫

学名:laurus nobilis
科名:クスノキ科
抽出部分:葉
抽出方法:水蒸気蒸留法
主な産地:モロッコ、スペイン、アルバニア、トルコ
主成分:ゲラニオール、リナロール、テルピネオール、1.8-シオネール
ノート:トップ
使用上の注意:皮膚を刺激することがあるので濃度に注意すること。
       妊娠中の使用を避ける。




人気記事TOP10

PAGETOP
Copyright © アロマテラピー・効果と効能 All Rights Reserved.