香りがもたらす心身への効果

ライム (Lime)

  • HOME »
  • ライム (Lime)

心を活気づける爽やかな香り
アジア原産のライムは、ムーア人がヨーロッパに持ち込み、その後16世紀ごろ、スペインとポルトガルの探検家たちがアメリカへ伝えました。ライムを運ぶ船の乗組員たちは壊血病を予防するために、ライムに豊富に含まれるビタミンCを摂取したといわれています。
強い芳香で、コーラなど飲料品の香りづけにも使われています。

香りの特徴
やや苦みのある、甘くてクールな香り

心への働き
不安、うつ、リフレッシュ、気分を高揚させる

体への働き
風邪、インフルエンザ、発熱、喉・鼻など呼吸器のカタル症状、呼吸器系の感染症全般、
食欲不振、免疫力を高める、むくみ

肌への働き
肌を引き締める、老化防止、脂性肌

学名:citrus aurantifolia
科名:ミカン科
抽出部分:果皮
抽出方法:圧搾法
主な産地:イタリア、西インド諸島、メキシコ
主成分:シトラール、リモネン、ベルガプトール、ミルセン、サビネン
ノート:トップ
使用上の注意:光毒性がある。トリートメント直後〜半日は日光にあたらないように注意すること。
       皮膚を刺激することがあるので、濃度に注意すること。




人気記事TOP10

PAGETOP
Copyright © アロマテラピー・効果と効能 All Rights Reserved.