香りがもたらす心身への効果

妊娠・出産とアロマテラピー

  • HOME »
  • 妊娠・出産とアロマテラピー

妊娠初期は精油の使用は避けましょう
妊娠した女性の体はホルモンバランスも変化し、妊娠前とは全く違う、とてもデリケートな状態になります。

また、不安や心配事も多くなり、精神的にも非常に負担が増える頃です。
精油は刺激が強く通経作用のあるものも数多くありますので、妊娠初期の使用は避けた方が良いでしょう。

妊娠初期から後期は軽いマッサージを
中期から後期にかけてはお腹も大きくなり、足のむくみや腰や背中の痛みなど、身体的なトラブルも増えてきます。
精油を使用しないベースオイルだけの部分的なマッサージで症状を緩和しましょう。
ラベンダーやマンダリン等妊娠線の予防に効果的な精油を使用するのも良いでしょう。

ただし、人によって体の状態は異なりますので、必ず医師や助産婦に確認をとってから行うようにしましょう。

また、妊娠後期に入ったら一部の精油を使用して軽い芳香欲を楽しんでみるのも良いでしょう。後期に使用出来る精油はタンジェリンやマンダリンなど柑橘系のものがオススメです。
あくまでも低濃度で少し香らせる程度に使用しましょう。自分の体調と相談しながら使用し、気分が悪くなったらすぐに止めましょう。

分娩作用のある精油
精油には分娩作用のある物があります。クラリセージ、ジャスミン、ジュニパー、スペアミント、ラベンダーには陣痛の痛み等を緩和し、分娩を促進してくれます。




人気記事TOP10

PAGETOP
Copyright © アロマテラピー・効果と効能 All Rights Reserved.