香りがもたらす心身への効果

パルマローザ (Palmarosa)

  • HOME »
  • パルマローザ (Palmarosa)

感染症や肌トラブルに有効
インド原産のパルマローザは、モティアとソフィアとの2つの種類があり、精油の香りも異なります。モティアのほうが高品質で高価、ソフィアのほうはジンジャーグラスとも呼ばれています。
胃腸の感染症や肌のトラブルに効果を発揮します。また、バラに似た香りを有するので、ローズの代用品として利用されてきました。

香りの特徴
バラに似た、フローラルで軽い香り

心への働き
神経衰弱、リラックス、リフレッシュ

体への働き
感染症による消化器の不調、感染時の室内清浄、風邪、インフルエンザ、
感染症による発熱、鼻炎、気管支炎、子宮の強壮

肌への働き
肌細胞の再生を促す、感染症の皮膚疾患の改善、肌荒れ、シワ、しみ、くすみ

学名:cymbopogon martini
科名:イネ科
抽出部分:葉
抽出方法:水蒸気蒸留法
主な産地:インド、ブラジル、インドネシア
主成分:ゲラニオール、リナロール、酢酸ゲラニル
ノート:トップ




人気記事TOP10

PAGETOP
Copyright © アロマテラピー・効果と効能 All Rights Reserved.