香りがもたらす心身への効果

ペパーミント (Peppermint)

  • HOME »
  • ペパーミント (Peppermint)

心と身体に効くパワフル精油
お菓子や歯磨き粉などの香りづけとして、広く親しまれているペパーミント。原料のペパーミントは湿気のある気候を好むことから、イギリス産の精油が最上の品質だといわれています。
呼吸器の感染症や消化の促進、鎮痛作用など多くの効能があります。ミントの中でも非常に強い精油なので、量や濃度などに十分注意しましょう。

香りの特徴
ミントの強くてすっきりとした、爽やかな香り

心への働き
頭をすっきり明快にする、ストレス、リフレッシュ、時差ボケ

体への働き
消化不良、吐き気、感染症時の室内清浄、風邪、インフルエンザ、頭痛、偏頭痛、
感染症などによる発熱、膀胱炎、ねんざ、打撲、乗り物酔い、子宮の強壮、
生理を起こさせる、月経痛

肌への働き
肌を引き締める、かゆみ、水虫、虫刺され、脂性の肌と髪

学名:mentha piperita
科名:シソ科
抽出部分:葉と花の咲いた先端部分
抽出方法:水蒸気蒸留法
主な産地:イギリス、イタリア、アメリカ、オーストラリア
主成分:メントール、メントン、イソメントン、1.8−シオネール
ノート:トップ
使用上の注意:刺激が強いので、使用量、濃度に注意すること。
       妊娠中、授乳中の使用を避ける。




人気記事TOP10

PAGETOP
Copyright © アロマテラピー・効果と効能 All Rights Reserved.