香りがもたらす心身への効果

パイン (Pine)

  • HOME »
  • パイン (Pine)

呼吸器系のトラブルに効果的
パインは北欧やロシアなどに見られる大きな松で、古くから強い殺菌消毒作用で知られています。パインの木が生息する場所の空気は、気管支炎や結核、肺炎のような感染症に効果があるということで、人々が好んで集まりました。デオドラント効果もあり、石けんなどにも使われています。

香りの特徴
爽やかな森林の香り

心への働き
うつ、ストレス、リフレッシュ

体への働き
呼吸器系の感染症全般、気管支炎、喉頭炎、咽頭炎、口内炎、扁桃炎、副腎の強壮、血行不良、
リウマチ、痛風、坐骨神経痛、筋肉痛、子宮筋層炎、インポテンツ

肌への働き
血行不良、湿疹、皮膚炎、体臭

学名:pinus sylvestris
科名:マツ科
抽出部分:葉と球果
抽出方法:水蒸気蒸留法
主な産地:フランス、ロシア
主成分:α-ピネン、β-ピネン、ミルセン、カンフェン、リモネン
ノート:ミドル
使用上の注意:皮膚を刺激することがあるので濃度に注意すること。




人気記事TOP10

PAGETOP
Copyright © アロマテラピー・効果と効能 All Rights Reserved.