香りがもたらす心身への効果

ローズマリー (Rosemary)

  • HOME »
  • ローズマリー (Rosemary)

元気を取り戻す若返りの精油
ローズマリーの名前は、ラテン語で「海の雫」という意味の”ros maria(ロス マリア)”に由来します。水辺に生息すること、花の形が雫のように見えることから、このロマンチックな名前がつけられました。ハンガリー王妃・エリザベートが若返りの秘薬に使ったという逸話があるように、心も身体も活気づけてくれるパワフルな精油です。

香りの特徴
ハーブ調の清潔感のある香り

心への働き
頭をすっきり明快にする、ストレス

体への働き
血圧を上げる、血行不良、身体を温める、静脈瘤、めまい、尿の出をよくする、膀胱炎、頭痛、
筋肉痛、リウマチ、関節炎、月経痛、無月経、月経不順、生理を起こさせる

肌への働き
肌を引き締める、発汗をよくする、脂性肌

学名:rosmarinus officinalis
科名:シソ科
抽出部分:葉
抽出方法:水蒸気蒸留法
主な産地:フランス、スペイン、チュニジア
主成分:α-ピネン、カンファー、1.8-シネオール、カンフェン
ノート:ミドル
使用上の注意:妊娠中、高血圧症、てんかん、心臓疾患のある場合は使用を避ける。




人気記事TOP10

PAGETOP
Copyright © アロマテラピー・効果と効能 All Rights Reserved.