香りがもたらす心身への効果

ローズウッド (Rosewood)

  • HOME »
  • ローズウッド (Rosewood)

バラに似た落ち着いた香り
ローズウッドは熱帯雨林の常緑樹の心材から抽出される精油ですが、バラによく似た美しい香りを放ち、「ボア・デュ・ローズ」とも呼ばれています。香りのよい心材は家具や日用雑貨などにも用いられます。
ストレスを緩和し、心身のバランスを整えたり、スキンケアにも効果を発揮します。

香りの特徴
フローラル調の甘くスパイシーな香り

心への働き
不眠、うつ、精神疲労、ストレス、リラックス、時差ボケ

体への働き
せき、気管支炎、便秘、頭痛、偏頭痛

肌への働き
シワ、創傷、皮膚炎、乾燥肌、敏感肌

学名:aniba rosaeodora
科名:クスノキ科
抽出部分:木部
抽出方法:水蒸気蒸留法
主な産地:ブラジル、ペルー、ギアナ
主成分:ゲラニオール、リナロール、ネロール、テルピネオール
ノート:ベース




人気記事TOP10

PAGETOP
Copyright © アロマテラピー・効果と効能 All Rights Reserved.