香りがもたらす心身への効果

精油は何から出来ているの?

  • HOME »
  • 精油は何から出来ているの?

エッセンシャルオイルとも呼ばれる精油は、ハーブの花や葉、枝、根、果実、果皮、種子、樹皮、樹脂等から抽出されるエッセンスです。

このエッセンスは、脂腺を持つ芳香植物の細胞組織内の小さな袋に蓄積するもので、脂腺も多い植物は抽出量も多く、脂腺の少ない物は希少となります。
例えばローズの精油1滴を抽出するのに、約50本分ものバラの花びらが必要とされ高価になるのです。

精油は数十から数百種の複雑な組織成分を持っていて、それらは全て100%天然の化学物質によって成り立っています。香りだけでなくそれぞれの精油のもつ組織成分が心身に作用をもたらしてくれます。




人気記事TOP10

PAGETOP
Copyright © アロマテラピー・効果と効能 All Rights Reserved.