香りがもたらす心身への効果

スペアミント (Spearmint)

  • HOME »
  • スペアミント (Spearmint)

疲れた心をリフレッシュ
古代ギリシャ人はスペアミントを浴槽に入れて沐浴し、強壮剤や香料として利用しました。中世には口の中を清潔に保つ、歯を漂白する薬剤として使われました。
ペパーミントより若干甘い香りで、欧米ではペパーミントよりも広く用いられています。
消化器系のトラブル改善や、疲れた心を刺激する作用があります。

香りの特徴
爽やかなペパーミントよりやや甘い香り

心への働き
リフレッシュ、ストレス

体への働き
腸の張り、腸内ガスの排泄、便秘、吐き気、食欲不振、頭痛、月経痛、分娩の促進、
大量月経、口臭

肌への働き
かゆみ、水虫、脂性肌

学名:mentha spicata
科名:シソ科
抽出部分:葉
抽出方法:水蒸気蒸留法
主な産地:アメリカ、中国、インド、カナダ
主成分:カルボン、リモネン、シオネール、ミルセン
ノート:トップ
使用上の注意:皮膚を刺激することがあるので濃度に注意すること。
       妊娠中、授乳中の使用を避ける。




人気記事TOP10

PAGETOP
Copyright © アロマテラピー・効果と効能 All Rights Reserved.