香りがもたらす心身への効果

タンジェリン (Tangerine)

  • HOME »
  • タンジェリン (Tangerine)

おだやかな効き目のオレンジ様の香り
タンジェリンは植物学上、マンダリンと同一の分類に属しています。果皮の色はマンダリンが黄色がかったオレンジ色、タンジェリンはより濃いオレンジをしています。香りはタンジェリンのほうがやや弱く、妊娠中や子供にも使えるやさしい精油です。
ストレスや不眠症、消化器系のトラブルに効果を発揮します。

香りの特徴
甘くて爽やかな香り

心への働き
ストレス、緊張の緩和、リフレッシュ、不眠

体への働き
便秘、神経性の胃痛、食欲不振、皮下脂肪の燃焼促進

肌への働き
血行不良、妊娠線の予防と改善

学名:citrus reticulata blanco var.tangerine
科名:ミカン科
抽出部分:果皮
抽出方法:圧搾法
主な産地:アメリカ、ギニア
主成分:シトロネール、リナロール、シトラールアルデヒド、リモネン
ノート:トップ〜ミドル
使用上の注意:光毒性がある。トリートメント直後〜半日は日光にあたらないように
       注意すること。




人気記事TOP10

PAGETOP
Copyright © アロマテラピー・効果と効能 All Rights Reserved.