香りがもたらす心身への効果

ティートリー (Tea-tree)

  • HOME »
  • ティートリー (Tea-tree)

強力な殺菌効果を持つ万能薬
ティートリーはオーストラリア原産の生命力の強い木で、オーストラリアの先住民族アボリジニは長い間、万能薬としてその薬効効果をうまく利用してきました。殺菌作用や消毒作用に優れ、第二次世界大戦中は傷の手当に使われました。
近年は花粉症の予防やエイズ治療の研究分野でも注目されています。 

香りの特徴
フレッシュで鋭い香り

心への働き
ショック症状、うつ、神経衰弱、頭をすっきり明快にする

体への働き
呼吸器系の感染症全般、風邪、インフルエンザ、気管支炎、副鼻腔炎、喉頭炎、咽頭炎、口内炎、
扁桃炎、体内の毒素の排出、免疫力を高める、静脈瘤、痔、PMS

肌への働き
皮膚の感染症、発汗をよくする、ヘルペス、やけど、日焼け、イボ、水虫

学名: melaleuca alternifolia
科名:フトモモ科
抽出部分:葉
抽出方法:水蒸気蒸留法
主な産地:オーストラリア、ジンバブエ
主成分:テルピネン-4-オール、1.8-シオネール
ノート:トップ




人気記事TOP10

PAGETOP
Copyright © アロマテラピー・効果と効能 All Rights Reserved.