香りがもたらす心身への効果

イランイラン (Ylang-ylang)

  • HOME »
  • イランイラン (Ylang-ylang)

心身の興奮を鎮めてリラックス
イランイランは”花々のなかの花”という意味のマレー語「アランイラン」に由来する熱帯の樹木。香り高い「香料の木」として知られ、熱帯地方ではココナッツオイルにこの精油を合わせてヘアケアに利用されています。
黄色、ピンク色、藤色の花があり、黄色の花の精油が香りもよく、最高品質とされています。

香りの特徴
フローラルでオリエンタルな感じの、甘く濃厚な香り

心への働き
ストレス、興奮を鎮める、不安

体への働き
消化器の感染症、血圧を下げる、過呼吸、頻脈、子宮の強壮、女性の不調全般の緩和、
性欲を高める、インポテンツ

肌への働き
頭皮の強壮・育毛、髪を丈夫にする 

学名:cananga odorata
科名:バンレイシ科
抽出部分:花
抽出方法:水蒸気蒸留法
主な産地:マダガスカル、タヒチ、インド
主成分:β-カリオフィレン、酢酸ベンジル、リナロール
ノート:ベース
使用上の注意:過度に用いると、頭痛、吐き気を催すことがあるので注意すること。
皮膚を刺激することがあるので濃度に注意すること。




人気記事TOP10

PAGETOP
Copyright © アロマテラピー・効果と効能 All Rights Reserved.