香りがもたらす心身への効果

頭痛・偏頭痛のとき

  • HOME »
  • 頭痛・偏頭痛のとき

鎮静作用のある香りで痛みをやわらげましょう
目の疲れや肩こり、疲労、風邪など、頭痛や偏頭痛の原因は様々です。まずは外の空気を吸ったり、軽くストレッチなどをして心身をリフレッシュさせてみましょう。それでもよくならない場合は、鎮静作用のある香りを用いてアロマテラピーをおこないましょう。穏やかに作用するので、慢性的な痛みにもぴったりです。ただし、痛みが激しいときには、医師の診療を早めに受けたほうがよいでしょう。

おすすめ精油
☆ハーブ系:カモミール、シトロネラ、スイート・マージョラム、ペパーミント、
      メリッサ(レモンバーム)、ラベンダー
☆柑橘系:グレープフルーツ、ベルガモット
☆フローラル系:ネロリ
☆エキゾチック系:サンダルウッド、パチュリ
☆樹木系:カユプテ、サイプレス、ローズウッド
【風邪などからくる痛みのとき】
☆ハーブ系:カモミール、ラベンダー
☆柑橘系:ベルガモット
☆樹木系:カユプテ、サイプレス

実践方法
芳香浴、マッサージ、アロマバス、スチーム、湿布




人気記事TOP10

PAGETOP
Copyright © アロマテラピー・効果と効能 All Rights Reserved.